笠間こうじ
○笠間 功治 略歴
昭和48年(1973年) 長男として出生
昭和61年(1986年) 綾瀬市立早園小学校卒業
平成 元年(1989年) 綾瀬市立城山中学校卒業
平成 4年(1992年) 神奈川県立海老名高校卒業
平成 8年(1996年) 桜美林大学経済学部卒業
同年から6年半、住販会社の営業マンとして関東一円を飛び回る
平成14年(2002年) 綾瀬市に戻り、㈱リミテッド・ネットワークシステム入社
同時に父の県議会議員笠間しげじを手伝う
平成20年(2008年) ㈱リミテッド・ネットワークシステム代表取締役就任(~現在)
平成28年(2016年) 行政書士試験合格、行政書士笠間功治事務所設立(~現在)
○これまでの活動の略歴
綾瀬市商工会 青年部長(第20代)
(一社)綾瀬青年会議所 理事長(第34代)
綾瀬市消防団早園分団 副分団長
早川自治会体育部員
(一社)綾瀬市建設業協会 外部監事
綾瀬市基地対策協議会 委員
綾瀬市都市計画審議会 委員
AYO綾瀬公演を成功させる会 会長
あやせでオペラを!成功させる会 会長
光・食・文化の祭典~ABF~実行委員会 会長
桜美林大学体育会剣道部 主将
その他各種の行政出向を経験
○現在の活動
(公社)県宅地建物取引業協会県央東支部 副支部長
(公社)大和法人会青年部会 副部会長
綾瀬市剣道連盟 理事
あやせ災害ボランティアネットワーク 理事
NPO法人コミュニティーサポートあやせ 理事
あやせプロモーションクラブ 委員
あやせブタロケ隊(ロケーションサービス)隊員
綾瀬市民活動推進委員会 委員
綾瀬市ボランティア連絡協議会 会長
光・食・文化の祭典~ABF~実行委員会 監事
プロフィール紹介 笠間こうじ
生まれ >
昭和48年8月18日、綾瀬市早川にて長男として生まれる。妹・弟がいる3人兄弟の一番上

地域の活動が盛んで、人柄がとても温かい綾瀬市の皆さんに育てて頂きました。子供御輿も担ぎましたよ。
剣道 >
小学校1年生の時、父が指導する小園児童館で剣道を始める。
以後大学卒業まで剣道部に所属。
高校時代は県大会ベスト8、大学では体育会剣道部主将を務めました。
早園小学校で約10年間 毎週日曜日に地元小中学生に剣道指導を行いました。
現在も綾瀬市代表として各種大会に出場しています。
綾瀬市剣道連盟理事 剣道六段

剣道を通じて様々な事を学びました。人との接し方・心構え、忍耐力、平常心、剣道が今の私を形づくりました。 特に大学の剣道部主将時代には、リーダーとしての責任感と、志を共有する仲間へ感謝の気持ちを学びました。

分譲マンションの営業マン >
大学卒業後、新卒採用で相模原市内のマンションデベロッパーに就職。その後都内のマンション販売会社へ。 賃貸住宅への飛び込み営業を6年半行いました。 毎月営業成績に追われる大変厳しい職場でしたが、持ち前の粘りと根性で多くのマンションを販売。営業主任や営業係長を務めました。
政治家修行の始まり >
マンション販売会社退職後、2002年10月、29歳で地元綾瀬に戻り、父の経営する不動産会社に勤務(宅地建物取引士)、同時に県議の父、笠間しげじを手伝いました。 ここから本格的な政治活動が始まりました。
綾瀬市商工会青年部活動
2002年10月商工会青年部に入部。綾瀬市の次世代担う若き経営者との交流を通じて、まちづくり・人づくりの真髄を学びました。毎年夏に行われる、綾瀬市の一大イベント「商工会青年部花火大会」では運営の中心メンバーとしてリーダシップを発揮。卒業まで11年余り所属して、第20代青年部長も務めました。

自らのまちづくり活動を主張する、商工会青年部主張大会では神奈川県大会で見事優勝し関東大会に出場しました。
人に自らの思いを伝える難しさと、喜びを同時に学ぶことが出来ました。

綾瀬青年会議所活動 >
2003年1月、地域のボランティア団体の青年会議所に入会。自らがリーダーとなり多くのまちづくり活動を行いました。家族そろっての稲作体験を企画したり、綾瀬市長選挙の公開討論会を企画したり、市民の意見を行政政策に反映させる手法「市民討議会」を開催しました。それら数多くの活動から、民間レベルで綾瀬市を良くしようとする、多くの「人財」と出会う事が出来ました。卒業まで12年間所属し第34代理事長も務めました。
消防団活動 >
2004年綾瀬市消防団早園分団に入団。日常の防災活動の他、火災や台風・集中豪雨等、数多くの災害現場に出動しました。副分団長を務めた2012年には綾瀬市消防団を代表して神奈川県消防操法大会に出場。綾瀬市代表としては8年ぶりに優勝し、最優秀賞を受賞しました。

その他の活動 >
早川自治会役員(体育部員)として、盆踊りや体育祭、球技大会等の住民交流事業に参画しました。
またあやせ災害ボランティアメンバーとして、2004年新潟中越沖地震では余震が続く中、即現地に入りし、支援活動を行いました。2011年東日本大震災では震災発生後の5月に宮城県石巻市に向かい、土砂の撤去作業に従事しました。
また釜社会福祉協議会主催の釜石応援プロジェクトに参画し、岩手県釜石市に3度訪れ、仮設住宅の皆様への炊き出しや交流活動を行いました。
2018年の西日本豪雨災害復旧活動として岡山県倉敷市真備町に行きました。


2014年・2016年・2018年、AYO(アジアユースオーケストラ)綾瀬市講演開催時に出演する若手演奏家をホストファミリーとして受入れました。

2018年には光・食・文化の祭典~ABF~実行委員会の会長をさせて頂きました。来場者3万人の綾瀬市の大イベントで、かながわ観光大賞優秀賞を受賞。黒岩知事より表彰されました。

家族 >
1歳年下の妻・亜矢子とは大学の剣道部で知り合いました。
妻は短大卒業後、病気になられたお父様の看病のため、生まれ故郷の青森県八戸市へ。
その後、青森県・神奈川県と離ればなれとなりましたが、10年間の遠距離恋愛を経て2005年に結婚。
2014年8月に待望の第1子長女が誕生 3人家族

趣味 >
剣道 地元の道場や高校・大学時代の剣道部仲間と剣を交える。
ランニング 週2回程度、7キロ程。頭のリセットに効果的。
読書 不動産業開業前、父が書店経営をしていたので小さい頃からお店の本を座り読み
プロ野球観戦 球場の雰囲気が大好き。ちなみに先輩の草野球チームに所属していますが、下手です・・・
TOPページへ
ポリシー
笠間こうじ 最近の活動
笠間こう後援会
 
 
笠間こうじ後援会 〒252-1123 神奈川県綾瀬市早川3211 電話:0467-70-2339 Fax:0467-78-2348
Copyright (c)koji-k.com All Rights Reserved.